Googleマップ ストリートビュー Androidスマホ の簡単な使い方

スポンサーリンク

Googleマップ ストリートビューは現在、

GoogleのAndroidスマホにはほぼ、

標準装備されています。

ここでは、

Googleマップ ストリートビューを車で使う、

すなわち「ナビ」として使う場合の、

簡単な方法と注意を教えます。

(Androidスマホの場合)

1・ナビを立ち上げる。

2・一番上の車をタップ

3・次に、目的地を入力

基本的な操作はこれだけです^^

動画

Googleマップナビは操作は簡単で、

道を間違えても直ぐに、

再ルートしてくれます。

ただ、どうしても

一般的な道を教える為、

普通の、高精度ナビにくらべると

難点かもしれません。

また、

渋滞情報などもこのように、

リアルタイムで知る事が出来ます。

キャプチャ

googleの発表では、

アンドロイドなどのスマホを持っている人のデータから、

車の流れを取得しているのだそうですが、

真相は不明です。

googleは、あまり多くの秘密は語りませんからね^^

自宅や職場などはあらかじめ、登録しておくと便利です。

音声検索やサービスなどでも探せるので、

コンビニやレストランなどを、

知らない所で探す際にも便利です。

Googleマップ ストリートビューの仕組みは、

グーグルが日本全国各地の主要道路をくまなく

こういった車で通り、撮影しています。

sv-car[1]

車の上についている赤いものがカメラで、

ぐるっと1周撮影が可能です。

この撮影した映像を何メートルおきかに切り取り、

住所と関連付ける事で表示しています。

これらの更新は、

いつ行うとかの決まりは無く、

詳細は不明です。

ストリートビュー機能は、Google マップ及び

Google Earth上で利用できます。

スマホを車でカーナビとして使うには、

以下のような専用スタンドが必要です。

旅行などではこの様な充電機も有ると良いです。

Googleマップ ストリートビューは、

使い方が解れば、

とても便利なツールですが、

一般的なカーナビと比べると、

さすがに、劣る点も有ります。

★カーナビが優れているところ

1・最速ルート機能が有る

2・渋滞考慮ルート機能が有る

3・画面が見やすい

そんなところでしょうか。

 
でも無料で使え、

ほとんど最新情報で、かなりの制度なので

便利は、便利です。

ただ、

電池切れには注意が必要です。


スポンサーリンク