死後の世界はあるのか?ついに明かされる死後の世界の実際!!

スポンサーリンク

死後の世界・・・

あなたは信じますか?

人間はだれしも死を迎えますが、意識は残ると言われてます。

勿論、科学的には有りえない事で、

人間は、死んでしまえば脳の機能も完全に停止する為

意識が残る事は考えられません。

なら、数多くの臨死体験はなんなのか?

臨死体験は、脳が見る錯覚、

つまりは、夢と同じと言う事です。

死後の世界などは存在せず、

人間は、死を迎えた時、意識もも消滅し

「死後の世界等は存在しない」

科学的には、そう考えられていました。

ところが、

あの、世界的権威であるハーバードの神経外科医

エベン・アレグザンダー医師が、

なんと、死後の世界を体験したそうです。

★衝撃真実!!死後の世界は100%存在した!

驚く事に、エベン・アレグザンダー医師は

死後の世界をずっと否定してきた人物です!

見た事も無い妹と会うことなど、科学では説明できません。

体験はとても「鮮明」で「リアル」なものだったそうです。

人工の夢の中のようで、より開放的に現実を生きているような感覚に近いようです。

死後の世界は大きな愛で支配され、無条件で完璧な神の愛に包まれる、

全ての存在の核の部分が残る世界だそうです。

★死後の世界とはこんなところ!

以下はあくまで、自分が調べた事をまとめたものです。

死んだ記憶が無い為、実際んはわかりませんが、

人間が亡くなると、魂が体が急速に離れて行きます。

そして、幽界と言う所に向かうそうです。

ただ、亡くなってすぐでは無く

49日間は、この世にとどまります。

勿論、特殊な能力(霊能力)が有る人以外は

見えませんが、亡くなった方からは

生きてる人間の、心の中まで見えるそうです。

49日が過ぎると、先ほどの幽界へ

死者の霊は旅立ちます。

ちなみに亡くなる瞬間と、この幽界へ旅立つときに

先に旅立った、近親者(親や兄弟、祖父母など)が

迎えにくるそうです。

★幽界とは

幽界とは、この世とあの世との間の世界で、

霊界の下層の部分に当たる場所が、『幽界』になります。

ここは、死者が困惑しないように、

この世に近い世界だそうです。

ここで死者は、生きていた時の行いを

見せさせられるそうです。

つまり、

現生で、悪い行いをし

捕まらなかったとしても、

死後には、すべて解ってしまうそうです。

実は、幽界だけでも約180階層くらいに分かれていて、

下に行くに従って、重くにごって、苦しく暗い世界になります。 

死者は、ここで終業を重ね、上の「霊界」へと向かいます。
 

★霊界とは

霊界も、沢山の界属に別れているそうで、

上の界の者は、下の界を見る事は出来ますが

下の者が、上の界を見る事はできないそうです。

ここでは基本的に、なんでも思った事が

現実になるそうで、

例えば、お酒が飲みたいと思えば

目の前に、お酒が出てくるし

家を建てたいと思えば

思った通りの家が建つそうです。

俗に言う、「神様」は見当たらないそうですが、

ほとんど同じレベルの霊たちで、

一つの界属を構成し、

修行を重ねると、上の界に行けるそうです。

生まれ変わりは、自分の判断で決める事ができるようで、

おおよその人生設計もするそうです。

★自殺は絶対にダメ!

この世の苦しみから逃れる為、

自ら命を絶ってしまうと、

幽界に行く事ができず、

いわゆる「地縛霊」と成ってしまい

へたをすると、

永遠に霊界に行けない事も有るそうです。

また自殺者は、自分が亡くなった事を

気が付かない事も多いそうで、

永遠の苦しみが待っているそうです。

⇒ 死 の直前の症状!死ぬときに人はどうなる?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 流れ星 より:

    美輪明宏さんが言っていたこととそっくりですね。