小保方晴子さんのstap細胞は無い??批判派VS援護派の特徴について。

スポンサーリンク

小保方晴子さんが沈黙を破って手記を出版してから

stap細胞問題が再び騒がれるように成りました。

日本では闇に葬られたstap細胞ですが、

現在、海外では淡々と研究が進んでいるようです。

そんな中、今でも批判派と援護派で議論が続いています。

小保方晴子さんのstap細胞は無い??批判派VS援護派の特徴について

★stap細胞は有るのか?

日本では、小保方晴子さんの検証実験失敗の結果を持って

現在では、「存在しないもの」と成りました。

ただその検証実験、あれを持って「stap細胞は無い」と言えるのかははなはだ疑問です。

その理由は、「実験環境」に有ります。

ご存じのように、あの実験はまるで小保方さんが「罪人」のような

厳しい束縛された状況で行われました。

しかも、小保方さんの体調は万全では無く

そのような状況で「世紀の大発見」と呼ばれたものを

簡単に作れる方が不思議です。

小保方さんは、小中学校の理科の実験をやっている訳では無いのです。

加えて、成功の条件である「キメラマウス」の作成は

若山教授が担当で、小保方さんでは有りません。

このような状況で、成功する確率が何パーセントあるのでしょうか。

正直、0に近いと言えるでしょう。

おそらく理研は、

成功すればめっけもの、失敗すれば、そのまま闇に葬れる

そう判断したのではないでしょうか。

★批判派VS援護派

最近では、小保方さんの著書あの日 [ 小保方晴子 ]の大ヒットにより援護派が増えてきたように感じます。

自分も最近、「批判派」と呼ばれるブログや

「援護派」と呼ばれるブログの記事やコメントを読ませて頂きました。

大まかに言うと批判派はそのほとんどが科学に関連する人たちで

数に限りが有るように感じます。

それに対して援護派は、下は小学生の子供から

上はお年寄りまで、幅広い年代の方々がおり

その職業も多種多様に及びます。

ただ勿論、科学者の中にも援護されてる方は一定数おられますし、

批判されてる、科学とは関係の無い方も同様に一定数おられます。

批判派の言い分はほぼ100%と言って酔うほど、

小保方さんの論文です。

科学的な論理や論法で批判されています。

一方、援護派は科学的な知識の有る方も勿論おりますが、

その他にも、常識的な考えや人道に関すること

意見を述べられています。

だれがどのような考え方をするのかは、

基本的には自由だと思いますが、

ときおり見かけるクズと言ってもおかしくない

2chレベルのコメント等が圧倒的に多いのは

科学者が多い批判派です。

常識の有る科学者の方々には大変に申し訳ないのですが、

このような事例を見る限り

一部の科学に関連する人たちの人格を疑います。

★まとめ

小保方さんの処置が、

本当に良かったのかどうかは自分には判りませんが、

ただ一つ言える事は、一つの世界にどっぷりと浸かり、

それが当たり前に感じると、周りが全く見えなくなるものだと思います。

極端な話をすればイスラム過激派は、

それが正義だと思っている訳で、当たり前だと思ってます。

物事を一つの世界から見るのではなく、

少し離れた世界から見直すことで

見えてくるものが有るように感じます。

最後に、

管理人目的には、小保方晴子さんは立派な科学者だと思います。

彼女の研究も含め、再起に期待したいと思っています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク