AndroidスマホのGoogleマップの使い方とGoogleの歴史について 

スポンサーリンク

ネットの皇帝Google。

GoogleはYahoo!と共に、

ネットの支配者と言っても過言ではない存在です。

そのGoogleが提供しているサービスの一つが

AndroidスマホのGoogleマップです。

今日は、その基本的な使い方とGoogleの歴史についてです。

★Googleの歴史

Googleの歴史は、それほど古くは無く

1995年に創業者の ラリー ページとサーゲイ ブリンがスタンフォード大学院で、

出会う事から始まります。

Googleマップが出来たのは2005年でこのころから、

ホームページをカスタマイズできる

iGoogle、モバイル ウェブ サービスはこの年にサービスを開始しました。

2006年にはYahoo!がGoogleに加わり、

2009年に、日本初の Android 搭載携帯が発売されました。

ちなみに私のスマホもAndroidです。

Googleは、様々なアイテムを考案し世に送り出していますが、

その一つで有るGoogleマップの使い方や、

翻訳の仕方を記載します。

★Googleマップの基本的な使い方

Googleマップの使い方ですが

カーナビとして使用する場合、

自車位置が中央の下側で進行方向が上で表示されます。

常に自分の位置を真ん中(又は画面下部)に固定する形で、

進路の向きを常に進行する方が画面の上にきます。

また、誰かに場所を伝える時に、

指定場所をリンクを送るには

ログイン後、マイプレイスで地図を作成して目印(指定場所)を追加します。

そのリンクを相手に教えればOkです。

面白い使い方として、

アトランティスで調べると、

当然ですが海が表示されます(笑

あっ!

面白く無かったですか!?

スイマセン(>_<) ちなみに、AndroidのGoogleマップに、 自宅や職場などを地図上に登録するには、 登録したい場所を表示したら長押しするとフキダシが出るので フキダシをタップします。詳細を出し右上の☆をタップして★にすると スター付きの場所になり、マイプレイスに表示されます。 キャプチャ

一見、カーナビの方が簡単そうですが、

Googleマップは海外でもナビとして利用する事が出来ます。

使い方は、WiFi等であらかじめ必要な地図を国内または現地の 

事前キャッシュ(設定から事前キャッシュで保存、必要な地図データーの保存)

しておけば現地でネット接続なしに使えます。

あまりの広範囲はさすがに無理ですが、

出張や旅行先の範囲なら十分と言えます。

最後に参考動画をアップしておきますので、

参考にして下さい。

Googleマップは使いこなせるようになると、

かなり便利です。

是非、役立てて下さい。

ただ一つだけ注意が必要です。

それは「電池残量」です。

ナビなどを使うと電池の消耗が速いので、そこだけは注意してくださいね^^


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク