ベースアップと定期昇給の違い今年のJR東日本とJR東海は?

スポンサーリンク

春闘が始まる季節と成り、

労働組合は忙しい時期です。

さて、春闘では「ベースアップ」と言う言葉を聞きますが、

では、ベースアップと定期昇給の違いとはなんなんでしょうか。

ベースアップと定期昇給の違い今年のJR東日本とJR東海は?

一般的に、春闘での賃上げにはベースアップ分と定期昇給分が有り、

それらを足したものが賃上げの総額になります。

普通、ベースアップ分は物価上昇に合わせて考えられ、

対象者全員がほぼ一律の金額になります。

最近は不景気のせいか、

ベースアップを見送る企業が沢山有りました。

で、

定期昇給は率で会社が回答する為、個人の基本給によって差が出ます。

ようするに、

基本給が高ければ高い程、金額も多く成ると言う事です。

簡単に言うと、

ベースアップは、会社業績が伸びることによる、社員への給与上の成果還元で、

定期昇給は、年齢や経験等を考慮し給与へ昇給を行うことと言えます。

最近では、不景気な為ベースアップを抑えて賞与で評価する企業も多いそうです。

さて、ベースアップが気に成る企業の一つに

JR東日本とJR東海が有ります。

共にJRを支える旅客鉄道会社です。

去年の実績は、

まず、JR東日本ですが、

夏季一時金は前年比で増と成り、

春季労使交渉で夏季一時金を前年より0.3カ月多い2.85カ月にすると8つの労働組合に回答が有りましたが、

ベースアップ(ベア)は見送られました。

ちなみに、最大労組の「東日本旅客鉄道労働組合」はベア2千円、

夏季一時金は3.1カ月プラス5万円を要求していたそうです。

JR東海も同じ日に、

夏季一時金を前年より0.05カ月多い2.95カ月にすると4つの労働組合に回答しましたが、

35歳モデルで92万9千円で、定期昇給は維持するがベアは5年連続で見送ることと成りました。

35歳モデルで92万9千円???

ベースアップが無くても、

こんだけボーナス貰えるならいいですね^^

今は不景気ですから、ベースアップを臨む方が無理かもですが、

さすが、JR東日本とJR東海だと言えますね。

ちなみに、

去年も、JR各社は春闘回答をしていますが、

JR東日本とJR東海が労組の要求に答え

ボーナス増額となる一時金で対応する事を発表しています。

さてさて・・・

今年はアベノミクス効果で、

もっと良い結果がでるのでしょうか?

まぁ、

自分が貰う訳ではないので、

ただただ、羨ましいだけですけど(~_~メ)

では!


スポンサーリンク