大人がおねしょ!!その原因とは?

スポンサーリンク

おねしょは幼児期では、ごく一般的ですが

大人の方でも、おねしょをしてしまう事が有ります。

その原因は何なのでしょうか?

実は、大人でも1%ぐらいの人が、

「おねしょ」に悩まされているそうです。

誰にも相談できずに悩んでいる人は意外にも多いのです。

★「おねしょ」と「夜尿症」の違い

寝ている間に無意識に排尿してしまうということでは、

「おねしょ」と「夜尿症」は全く同じですが、

その違いは年齢に有ります。

つまり、

幼児期の夜尿をおねしょといい、

6~7歳(小学校入学後)以後の夜尿を夜尿症というのが一般的です。

その為、

6~7歳になっても夜尿がつづく場合には、

生活指導を受けたり、薬による治療など適切な対策をとったほうがよいようです。

夜尿症には一次性夜尿症と”二次性夜尿症”の二種類が存在します。

一次性夜尿症とは、おねしょが生まれた時からずっと続いている状態を指し、

夜尿症の人の約8~9割は、この一次性夜尿症に当てはまると言われてます。

二次性夜尿症とは、これこそが「大人のおねしょ」です。

一時期、治っていたいた夜尿症が、

半年~数年間を置いて再発した場合、二次性夜尿症と成ります。

ですが、圧倒的に多いのが一次性で

次性は10~20%とあまり多くはありません。

大人のおねしょも圧倒的に多いのは一次性です。

ちなみに、

おねしょを週に2~4日以上する場合を夜尿症と言い、

これが全体の1%です。

★大人のおねしょの病因とは

大人のおねしょの原因には以下の4つが考えられます。

1.泥酔状態になるまで、お酒を飲み続けた時。

2.継続的なストレスがたまっていて、極度の緊張状態の時。

3.疲労で睡眠周期が狂い、深い時間帯に尿意が最高潮に達した場合。

4.膀胱、腎臓、括約筋のいずれかがたるんでいて病気である時。

この中で特に多いのが1の飲酒です。

通常、尿意を感じると目をさますのですが、

大量の飲酒により、目覚める事が出来ず

そのまま漏らしてしまうパターンです。

次いで3だと思います。

たまになら、ほとんどの場合、1か3と思って間違いなさそうですが、

連続する場合は、3が原因になることが多くなります。

4も続く場合は、早めに医師の診察を受けた方が良いでしょう。

ただ、

尿漏れはたいてい括約筋が緩んだ状態の場合におきますから、

ほとんどの場合、治療が必要というほどでは無く、

ちょっとした体操などで直る場合も有ります。

特に女性は、子供を産んだ経験のある人に多く

それほど心配する必要が無い場合がほとんどです。

大人なのにおねしょ!!

人には恥ずかしくて言えず、

本人はとっても心配で心を悩ますかもですが、

以上のように、原因さへ解ればほとんどは

「心配無用」ですので、ご安心を^^


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク