視力回復トレーニング!自宅で簡単に出来るトレーニングの方法

スポンサーリンク

視力は、一度落ちると戻すのは大変です。

その為、多くの人たちは

視力が低下すると、

めがねを掛けたり、

コンタクトレンズを使用したりします。

ですが、

視力回復の方法は色々有ります。

今日、ご紹介する

「眼筋トレーニング法」

もその一つです。

この眼筋トレーニング法とは

その名の通り、

目を動かす「眼筋」を

鍛えて視力を復活させる方法です。

この方法は、

視力がたちまち復活し出した驚くべき快挙!と言われ、

1万4000人の視力復活が証明された方法です。


徳永式1.5視力回復プログラム

では、早速その方法をお話しします。

1.眼筋への“血行障害”が視力低下の最大原因

視力は何故低下するのでしょうか?

その最大の原因は、

眼球に流れ込んでいる血液の流れが悪くなって、血行障害の状態

がほとんどです。

近視、遠視、乱視、は勿論、

テクノストレスの症候群による眼機能の異常等などの、

ほとんどが、眼の血行不良が原因なのです。

たとえば、テレビやPC、スマホなどで、

視力が低下する事はよく言われますが

その最もたる原因は、

その人が眼球を血行不良にしてしまうような

不適切なやり方でやってしまったからと言えます。

運動しないと体が衰えるように、

目も。適切な筋力トレーニングが必要です。

たとえば、眼精疲労を取ったり、

仮性近視を治すのには色々な方法が有効と言われてますが

経験的には眼球の周辺にマッサージをすると良いです。

目のマッサージには二つ方法が有ります

1・目を閉じた状態で、

 まぶたの周辺を軽い痛みを感じるくらいの強さで、

 眼球を眼窩(頭蓋骨になった時にぽっかりと黒く見える眼球の納まっている穴)

 に押し込むような感じで圧力を加える、

2・側頭部のくぼみ(目と耳の中間で、ちょうど眼鏡のツルの下に来るあたり)の

  「客主人」と呼ばれる経絡点をもみほぐす。

このマッサージは東洋医学でも認められていて

「経路点」を用いた方法です。

ただ、これらのマッサージはあくまで一時的な効果は上げられますが、

筋肉鍛錬を怠っていれば、すぐにまた眼精疲労と視力低下に、

悩まされますので注意が必要です。

眼球を動かす筋肉は6種類有ります。

内直筋⇒内向きの運動を支配している。

外直筋⇒外向きの運動を支配している。

上直筋⇒上内向きの運動を支配している。

外直筋⇒外内向きの運動を支配している。

上斜筋⇒下外向きの運動と、グルリと回す車輪回転運動を支配している。

下斜筋⇒上外向きの運動と、同じく車輪回転運動を支配している。

眼筋ストレッチ運動の第一ステップは、

これらの筋肉を意識的に動かすトレーニングを、

日常生活に取り入れることが重要です。

そして、

これらの筋肉を効果的に動かすのに、

最も適した方法が、

「速読法」です。

速読法とは、書物などを素早く読む事ですが、

この時の目の動きは、

先に上げた6つの眼筋を、

最も効果的に使う方法です。

速読法を覚えることで、

書物や記事などを短期間で読めるようにもなり、

時間の節約にもつながります。

是非、お試しくださいね^^


スポンサーリンク