フィギュアスケート世界選手権フジテレビの酷さと2014出場選手

スポンサーリンク

ついに始りましたね~

フィギュアスケート世界選手権^^

今日、女子ショートプログラムが放送されますが、

男子は、町田樹選手が世界歴代3位の好記録を出し、

メダルの期待が高まっています。

女子は、なんといっても浅田真央選手に注目が集まりそうですね。

キム・ヨナ不在の今回は、

負けられない一戦と成りそうです。

さて、そのフィギュアスケート世界選手権を放送するフジテレビに、

クレームが殺到した事があります。

その理由は、ロシアにて開催した時の事、

この時は、震災の影響で開催不能になり、

1ヶ月遅れでロシアでの開催と成ったんです。

ロシアは、代替開催国にも関わらず、

わずか1ヶ月という準備期間で、すべてにおいて日本に多大な配慮をしてくれたそうです。

自国開催を楽しみにしていた日本国民がテレビで中継を楽しめるようにと、

日本時間のゴールデンタイムに合わせて開会したり、

開会式では日本をの被災地を応援する演出をし、

フィナーレでは、日本選手を中心に、

日の丸を描いて各国の選手が輪になって、

日本を励ますパフォーマンスまでしました。

アモディオ選手は、減点対象となるボーカル入りの曲をあえて使用し、

「これは日本の人たちへのささやかな歌のプレゼントだ」と話したそうです。

選手が、応援席の観客が、日本への応援をくれた素晴らしい大会だったそうです。

そして最後には、

このような詩もプレゼントしてくれたそうです。

—————-

『日本にささげる詩』

地球がいたみでうめき声を発した
自然の強さに全世界がショックをうけ
あらゆるものを水は深海に流した

しかし 何があっても太陽は東から昇る
地震と津波は光には勝てない

我々の神様が
地球の皆の命を保ってくれることを祈る

桜が咲く公園はたくさんあることを
白樺が咲く公園はたくさんあることを
鳥が春の歌を歌えることを
旗が勝利の祝いで挙げられることを祈る

子供たちが大人たちへと願う
友の皆さん 手をつないで

われわれがこの地球において
ひとつの家族になっていることを忘れないでほしい

—————-

なのにフジテレビはそのような事には一切触れず、

ゴールデンタイムに合わせて開催してくれているのに、

最初の1時間以上はひたすら前日の振り返りVTRとキムヨナの特集。

リアルタイムで開催したはずが、何故か演技順序を入れ換えて放送。

さらに延長放送になったため、

金メダルの安藤美姫選手の涙のレクイエムを録画できなかった人がたくさんいたそうです。

フィナーレでの各国選手からの応援も、

ロシアからのメッセージも一切、放送しなかったそうです。

これは、放送時間の関係では無く、

フジテレビ側の意図的な考えだと言われています。

これが、フジテレビが酷いと言われた理由です。

フジテレビって視聴者のことなんて何にもわかっていませんね。

選手や観客、ロシアの思いを伝えれば、

もっと素晴らしいフィギュアスケート世界選手権に成ったと思います。

さて2014年フィギュアスケート世界選手権がスタートしました。

2014出場選手は男子が、羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス、マキシム・コフトゥン、そして今回、世界歴代3位の好記録を出した町田樹らが出場します。

女子は、日本期待の浅田真央他、村上佳菜子、鈴木明子らが出場します。

今回の放送もフジテレビですが、

クレームを真摯に受け止め、

視聴者目線で放送してくれる事を願っています。

では!


スポンサーリンク