節分での鬼の衣装は手作りか!?節分を盛り上げる裏ワザ大公開!

スポンサーリンク

節分と言えば豆まきですが、最近はやらない家庭も増えてます。

でも、お父さんが鬼の衣装を着て

子供達とスキンシップを取るのはとても良い事だと思います。

また、厄払いの目的も有るので、

子供さんが小さいご家庭なら是非、行ってもらいたいです。

今日は「節分」とは何なのか?

鬼の衣装は手作りが良いか購入が良いかについてです。

節分での鬼の衣装は手作り

★節分とは

子供に、

「お父さん、節分って何?」

ときかれた時、答えられないのは困りますよね(>_<) そこで、簡単に節分について話しをすると、 節分とは、厄除けの一つで季節を分ける事を意味します。

本来は、立春、立夏、立秋、立冬を指しますが、

現在は、一般的に立春の前日(2月3日)と成ってます。

季節の変わり目には邪気が生じるという考えから、

鬼払いの儀式として豆を撒くようになりました。

まぁ、

子供に難しい話をしても解らないかもなので、

簡単に、

「悪いおばけを追い出す儀式だよ」

で良いかと思います^^

★節分の鬼の衣装

節分で使う鬼の衣装は100均でも手に入りますが、

もっとリアル差を出すなら、楽天市場などがお勧めです。

こういう鬼パンツもいいですね~

高木ぶーさんみたいですけど(>_<)

ただ、子供は豆をぶつけてくるので(撒くと言うよりおもいっきりぶつけますよね(笑)

そうなると、あまり顔の露出はさけた方が良い場合も有りますよね。

そんな方には、こおいったお面タイプの方が良いです。

これなら多少、豆が顔面に当たっても大丈夫ですね^^;

ちなみに節分で、

子供を怖がらせるなら、音楽を取り入れると良いと思います。

レンタル屋などでも「BGМ、効果音」CDがあります。

そういうものを探せば不安系やホラー系も有ります。

あと

シチュエーション作りにも力を入れるとかなり違います。

お父さんだと、ばれないシチュエーションを心掛けて下さい。

★節分の鬼の衣装手作りは?

自分も、幼稚園ぐらいの時、

鬼のお面ぐらいは作ったような気がしますが、

鬼の衣装までは難しいと思います。

鬼のお面にしても、

当然、画用紙みたいな物からでは無く、

有る程度は出来てたものを、

色を付けたり、輪ゴムの穴を開けたぐらいですからね・・・・

奥様が、裁縫が得意ならば手作りも可能ですが

今のお母さん方は、あまり裁縫はやりませんよね。

まぁ、

奥さんと、子供と協力し

一緒に作るのも、家族のスキンシップには良いですね^^

ただ、

それほど高い物ではないので、

購入するのが一番簡単かな~

と、

個人的には思います^^


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク